休日だからこそ「早起きは三文の徳」を実行しています。

以前、休日は午前9時頃起床していました。しかし、最近仕事の関係から、朝6時には起床する習慣がついたので、休日でも朝早く起きる事にしてみました。ちなみに「早起きは三文の徳」とは、早起きをすると1日が長くなる分、徳(得)をするという意味です。三文とは江戸時代の通貨です。現在の価値に換算すると大体100円程度と考えておけばいいでしょう。休日といえでもやるべき事は結構あります。私の場合、朝6時に起床し、朝食を食べた後、資格の勉強や仕事の処理に充てています。同時にDVDも見たりします。BGMの代わりです。自宅では、トリプルディスプレイを構築しているのですが、2画面を仕事に、1画面を映画のDVDや音楽鑑賞用にあてています。デスクワークだと、自宅で処理できる案件も結構あると思います。休日にある程度処理しておけば、平日の負担も減るし、ワークライフバランス的にもいいと思います。その後、洗濯物を取り込んだり、皿を洗ったり、家事に取り掛かります。大体、午前11時頃には、一通りの作業が終わっているので、昼食を摂った後は、予備・自由時間にしています。朝6時から午前11時頃まで約5時間あるので、勉強、仕事、家事など、かなりの事を処理できます。また、やるべき事は終わっていますので、午後からは、精神的な余裕を持って過ごす事が出来ます。休日に「早起きは三文の徳」を実行した結果ですが、精神的なメリットが、かなり大きいと感じました。朝型の人、早起きが苦にならない人は、休日でも、「早起きは三文の徳」を実行してみてはいかがでしょうか。翌日が仕事でも、休日特有の憂鬱感が軽減されると思います。ドモホルンリンクルが気になる。