私が先生を目指そうと思ったきっかけ。

私が、先生を目指そうと思ったきっかけは、大きく分けて二つあります。まず一つ目に、サッカーをしていたことにあります。小中高サッカーをしていて、そこには監督がいるわけです。特に高校の時に、選手権に出るという目標に向かって、監督コーチ選手はもちろん、みんなで一緒に目指していくというのが好きで、その中でもトップに立って指揮を執るといのをしてみたと思いました。もちろん行けるとこまで選手として上を目指し、そのセカンドキャリアとして監督になって、選手権を制覇したいという思いがありました。そのようなこともあって、先生を目指そうかなと思いました。次に、中学の恩師との出会いです。私は中学の時に、自分に信念というのがなく、人に言われるがままに流されていました。それを見ていた担任の先生が、私を呼び止め叱ってくれたりしてくれました。また悩んでいて、晴れた顔をしていないと他愛もない話から私と話してくれ、悩みごとまで聞き出してくれました。私はこの先生と出会ってなかったらと思うと、高校大学としっかりと行けていたか分からないし、とても感謝しています。このように一人のの人生を変えれる、また育てることができる職業というのに魅力を感じるようになりました。これらのようなことがあり、私は先生という職業を目指すようになりました。脱毛石鹸はどうなの?